ココナッツオイルがダイエットに向いている理由

投稿日:

ココナッツでダイエット

美容やダイエットにいいと話題のココナッツオイル。体にいい油といえば、流行りのものは他にもありますが、ダイエットに最適なのはダントツでココナッツオイルだそうです。そもそも油なのになぜ痩せるのか?他の油とどう違うのか?など、気になるココナッツオイルの魅力についてご紹介します。

ココナッツオイルはなぜダイエットの良いと言われているのか?

ココナッツオイルは脂肪として蓄積されにくい

ココナッツオイルの主成分はもちろん脂肪です。この「脂肪」、実は様々な種類に分けられます。ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸」に分類されます。この中鎖脂肪酸は、体内に蓄積されにくく、体脂肪になりにくいと言われています。

ダイエットしたいなら控えるべきと言われる油ですが、すべての油が悪いわけではありません。エネルギーに変わらず、体に蓄積されやすい油に関して注意が必要なのです。

例えば、牛肉の牛脂、豚肉の豚脂、揚げ物の際に使用するコーン油や大豆油などは、長鎖脂肪酸という種類に分類されますが、この長鎖脂肪酸は非常にストック性の高い油といわれています。これらの油を摂取すると、リンパ管や静脈、脂肪細胞や筋肉を経てようやく肝臓に運ばれます。吸収までに時間がかかる上に、エネルギーに変える効率も良くないため、余分な脂が皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄積されやすいのです。

一方、ココナッツオイルが分類される中鎖脂肪酸は、肝臓へ通じる門脈という器官を通ってすぐに肝臓に運ばれます。吸収が速く、すぐにエネルギーに変わることのできる脂肪酸なので、体内に蓄積しにくく、体脂肪に変わって私たちの体重を増やすこともありません。

さらにこの中鎖脂肪酸は自身が素早くエネルギーに変わるだけではなく、牛脂などの長鎖脂肪酸の分解を助けるはたらきもあります。蓄積されにくく、体内の脂肪の分解を助けることができる、ダイエットにピッタリの油がココナッツオイルなのです。

ココナッツオイルで、脂肪を燃焼するケトン体質になる

ダイエットで一番重要なのは、体脂肪を減らすことです。

一時的に食べる量を減らしたり急に激しい運動を取り入れても、筋肉や水分がなくなったことによる体重減少の可能性が高く、本当の意味でのダイエットとはいいがたいですが、ココナッツオイルを摂取すると、体脂肪を減らすことができるため、本当の意味でのダイエットになります。それが「ケトン体質」になることです。

 ブドウ糖と並ぶエネルギー源、ケトン体がダイエットのカギ

私たちの体を動かすエネルギーは「ブドウ糖」です。食事の主食に米、麺、パン等の炭水化物を食べますが、この炭水化物が分解されるとブドウ糖となり、体を動かすエネルギーになります。しかしこのブドウ糖は血中で増減すると、私たちの食欲を刺激します。ブドウ糖が減るとお腹が空いていると脳が勘違いし、食欲を増幅させるのです。これはダイエットの妨げになります。また血糖が上昇した状態は体がカロリーを溜め込むモードになってしまい、この状態が数時間持続します。

その為「低糖質ダイエット」や「糖質制限ダイエット」が流行しました。その時、同時に注目されたのが、もう1つのエネルギー源であるケトン体です。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は合成されてケトン体をつくるため、摂取することによって、血中のケトン体濃度を上昇させます。すると、体のエネルギー源がブドウ糖からケトン体に変わり、体内の脂質である体脂肪を分解してできるケトン体をエネルギーに変えるようになります。

炭水化物などの糖質を食事から減らす「糖質制限ダイエット」は、糖質を抜き、ブドウ糖の生成を減らして、ケトン体質になることで体脂肪を減らす仕組みを用いたものです。ココナッツオイルを摂取することでも、体をケトン体質に変化させることが可能です。

腸内をすっきりさせるはたらきも

便秘を解消するだけでも数Kg体重が落ちる人がいます。またお腹のポッコリを解消できることもあります。ココナッツオイルには便秘解消の働きもあるようです。

腸内には腸絨毛という無数の小さな突起があり、消化した食べ物を運んで排出させる働きがあります。様々な原因がありますが、個々の腸絨毛の動きが鈍ると便秘が発生してしまいます。ココナッツオイルはこの腸絨毛に浸透し、柔らかくして動きやすくする効果が期待できるため、便秘を改善し、腸内をすっきりさせると言われています。

ココナッツオイルの使い方

塗る、かける。いつもの油の代わりにも。

ココナッツオイルは普段の生活に取り入れやすい油です。

ココナッツオイル

パンに塗ったりコーヒーに入れることで風味がよくなり、味に深みが出ます。ドレッシングの油として使用するのもおすすめです。直接摂取するのが難しい人は、料理にもよりますが、いつもの調理油をココナッツオイルに変えてみてもいいかもしれません。(ただちょっと南国な風味になります・・・)

管理人こぶたはバナナと卵を混ぜ合わせ、ココナッツオイルを引いたフライパンで焼くパンケーキを食べたことがあります。タンパク質を摂取できる、まるでボディビルダーが食べるようなおやつですが、ココナッツ風味が「南国のおやつ」という感じで美味しかったです。もちもちしたかなりストイック(タンパク質重視)なパンケーキなので蜂蜜をかけた方が美味しいです。

1日大さじ2~4杯を目安に摂取しましょう。

体脂肪を減らすダイエットならココナッツオイル!

脂肪として蓄えてしまうイメージを持った脂にも、逆に「体脂肪を燃焼しやすい体に変えてくれる」機能をもったオイルがあるのは嬉しいことです。ココナッツオイルの摂取で「リバウンドの少ない確実なダイエット」が期待できます。

脂は体の細胞の「細胞膜」を作ったり、お肌の潤いを作ったりするため、絶対に摂らなくてはいけない栄養素です。

ココナッツオイルはトーストやコーヒーに加えてアクセントにしたり、炒める油に代替したり、生活の中に取り入れやすいのも魅力です。油だから、とカロリーを気にして避けるのはもったいないほどの働きがあるココナッツオイル、摂取量にだけは注意して取り入れれば、これまでのダイエットよりも大きな変化を得られるかもしれません。

-知っておきたいダイエット基礎知識

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.