消化酵素(しょうかこうそ)

更新日:

消化酵素」は、体内で生産される潜在酵素のうちのひとつで主に「消化」で使われます。

人は栄養素を食事という形で体内に取り入れ、消化、分解、吸収を得て、体を動かすエネルギーにします。その消化という化学反応に、この消化酵素が活躍しています。栄養素によって消化酵素にも種類があります。

  • 米やパンなどの炭水化物を分解するのは炭水化物分解酵素。
    例)でんぷん → ブドウ糖
  • 肉や魚などのタンパク質を分解するのはタンパク質分解酵素。
    例)タンパク質 → アミノ酸
  • 脂肪を分解するのは脂肪分解酵素。
    例)脂肪 → 脂肪酸

ブドウ糖も、アミノ酸も、馴染み深い名前ですね。

以前、流行した「アミノ酸ダイエット」や、スポーツ時の栄養補給に有効なアミノ酸は既に分解されているタンパク質なので、消化の負担がない、と聞いたことがあります。

< 炭水化物分解酵素 >

  • 唾液に含まれる「アミラーゼ(プチアリン)」はでんぷんをマルトースに変える。
  • 膵液に含まれる「アミラーゼ(アミロプシン)」もでんぷんをマルトースに変える。
  • 腸液に含まれる「サッカラーゼ」はスクロース(ショ糖)をグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に変える。
  • 腸液に含まれる「マルターゼ」はマルトースをグルコースに変える。
  • 腸液に含まれる「ラクターゼ」はラクトースをグルトースとガラクトースに変える。

こうやって見てみると、調理された食品の裏に表示してある添加物一覧に見る名前があることに気が付きます。酵素には、栄養素の分だけ働く種類があり、消化には多くの過程があります。

ここでわかるのは、

酵素には多くの働きが多くの役目があるけれど、同じ酵素が様々な働きをするわけではなく、定められた一つの働きだけをする酵素が役割の数だけ沢山いるということです。

一つの仕事 = 一つの酵素

このように人の生命活動の様々な働きを、それぞれの酵素が担当し、働いています。

-さ行

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.