美容健康に良い「オススメフルーツ」と食べ方

投稿日:

フルーツの栄養素は体にとって必要もの。国も「毎日くだもの200g運動」と、毎日食べることを進めています。

しかし一概に果物といっても、スーパーにはたくさんの種類があります。どれを積極的に食べたら良いのか?それぞれにどんな栄養素が含まれているのか?できるなら賢くフルーツを摂りたい!!ということで、ちょっと調べてみました。

フルーツを摂取するメリット

健康を意識している人の食事にはいつもフルーツが使われています。なぜでしょうか。

それはフルーツには、私たちの体に必要な栄養が、素晴らしいバランスで含まれているからです。

私たちの生命維持に必要な5大栄養素、【炭水化物】【脂質】【たんぱく質】【ミネラル】【ビタミン】。フルーツはこの5つのうち、ミネラルとビタミンを多く含み、さらに体内で作れないものも多く含まれます。

ミネラル、ビタミンは体の組織を正常に機能させるための潤滑油のはたらきがあり、さらに血行促進や肌細胞へのはたらきかけで美容にも嬉しい栄養素です。

また「酵素」もフルーツにはたっぷり含まれています。フルーツだけを2日間食べる「フルーツ断食」は気軽なデトックス習慣として人気です。

さらに、フルーツに含まれる栄養素の中には、抗酸化のはたらきをしてくれるものがあります。体を錆びさせて老化を促進させたり、増えすぎることで健康に悪影響を及ぼす「活性酸素」を除去し、アンチエイジングを助けます。

生のまま、熱を加えず摂取できるメリット

酵素は熱に弱く48℃以上になると破壊されるものが多いです。またビタミンCも熱に弱く、水溶性のものは調理するには向かず、そのままの状態で食べることが必須です。

たくさんの野菜を生で食べたり、生食である刺し身や馬刺しを食事で増やすよりも積極的にフルーツを食べる方が簡単である場合もあります。

美容、健康に好影響をもたらすおすすめフルーツ

そのフルーツも好きだし、何を食べようかな?と悩んでいるなら積極的に摂りたい果物を紹介します。

アセロラ

数あるフルーツの中でもビタミンCの含有量がダントツで多いのがアセロラです。

ビタミンCはヒトの体で作ることができないうえに熱に弱く溶けやすいため、食品からの摂取が難しい栄養分です。

ビタミンCには、

  • 肌のハリと弾力を保つコラーゲンを生成する
  • シミやそばかすの原因であるメラニンの生成を抑制する
  • 免疫力を上昇させ、風邪をひきにくくする
  • 毛細血管の血行を促進し、肌荒れを防ぐ

このような効果があります。アセロラ以外であれば、

  • グァバ
  • レモン
  • 柿(甘がき)

これらのフルーツにもビタミンCが多く含まれています。

キウイフルーツ

アセロラより手軽に買いやすいのがキウイフルーツ。

ビタミンCを多く含む以外に、ビタミンB6、カリウム、カルシウムも豊富に含まれています。

さらに、キウイフルーツにはたんぱく質を分解する酵素も含まれているので、肉類や豆類などのたんぱく質を多く摂取する前にキウイフルーツを摂取することで、これらの消化を助けます。食前に食べる。これが大切です。

いちご

いちごもビタミンCが豊富なことで有名ですが、視力改善に効果的なポリフェノールも含まれています。これもシーズン中は豊富に売っており、手に入りやすい、食べやすい果物です。

パイナップル

糖質の分解を助けるビタミンB1に加え、クエン酸のはたらきで疲労回復も助けてくれます。さらには食物繊維も豊富です。

注意したいのは酵素が強い点。人によっては舌の表面が酵素で溶かされ酸味の刺激を強く感じるようになってしまうことがあります。暫くは回復しないので食べ過ぎには注意が必要です。

また缶詰のパイナップルはあまり期待できません。甘いシロップに浸かっている上、カットして時間が立ちすぎているので栄養素が壊れてしまっています。食べるならカットしたての鮮度のようものに限定してください。

アサイー

「奇跡のフルーツ」と呼ばれるほど栄養価の高いアサイー。少し前から日本でも流通し始めましたが、まだまだ認知度は低いかもしれません。

その魅力は、必須脂肪酸であるオレイン酸やビタミンA、B群、葉酸、鉄分、ポリフェノールなど、非常に多くの栄養をバランスよく含んでいることにあります。

妊娠時、摂取が推奨される葉酸や、レバーやブルーベリーよりもはるかに多い鉄分は、女性にとって非常に嬉しい成分です。

さらに、アサイーにも体や肌の老化を防ぐ抗酸化のはたらきがあります。非常にマルチに栄養分をカバーできるフルーツです。

キウイベリー

見た目はベリーのように小さく、中身はキウイフルーツのようなのがキウイベリーです。日本ではまだまだ見かけることは少ないフルーツですが、その高い栄養価に注目が集まっています。

ビタミンCはオレンジの約5倍、さらに、血中のコレステロールを減少させたり、血流を良くして冷え性や肩こりの改善も期待できるビタミンEも豊富に含まれています。

最近は高級なフルーツを買い求める人が増えているようです。ちょっとデパ地下に寄った際に珍しいものが見つかるかもしれません。ぜひ探してみてください。

栄養をそのまま!スムージーやジュースで摂るのがオススメ

これらのフルーツの豊富な栄養を損なわず摂るには、そのままデザートとして食べるか、スムージーなどのジュースにして飲むのがオススメです。ジューサーを使用し、食物繊維を除いてジュースにすれば、一度にたくさんのフルーツを摂ることができます。

その際に気を付けたいのは、熱をなるべく加えないこと。ビタミンCや酵素は熱に弱いため、ジューサーは低速スロージューサーを使用しましょう。ミキサーなど高速回転するものは、食材が温まるほどでなくても、摩擦でフルーツの栄養素を壊してしまいます。

季節のフルーツを楽しんでください。

フルーツはたくさんの種類があります。なので飽きることがないのがメリット。

おやつ代わりに食べれば、チョコレートやビスケットなんて食べなくても十分な満足感が得られます。是非生活に取り入れてください。

-知っておきたいダイエット基礎知識

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.