朝だけ断食の具体的な方法

これは朝食のみを抜く「プチ断食」です。「半日断食」とも言います。

朝食の代わりに酵素ドリンクを飲み、昼食が復食に当たるので、なるべく蕎麦や酵素食である和食を食べます。夜は通常通りの食事でアルコールもOKです。

断食メニュー

1日1食は好きなモノを食べていいので、比較的実践しやすい断食です。仕事をしていても実践できます。

知人がこの「朝だけ断食」に取り組んで内臓脂肪が低下したという結果が出たそうです。夜の外食やアルコール、ラーメンといった太りそうな食事をしたり、好きなモノを我慢せず食べたにも関わらず、です。

管理人こぶたが以前、これを実践した時はお腹がぺったんこになりました。今では食べすぎてしまった日の翌日や、体調が悪く食欲がない日は無理せず「半日断食」をしています。ただ、1日だけやるよりも継続するとより効果を感じるようです。

朝だけ断食のポイント

単純に朝食を抜き(酵素ドリンクに代える)、昼食を軽めに取り(空腹でもがっつかない)、夜は普通通りという簡単なものですが、いくつかポイントがあります。

  • お昼までの空腹に慣れる、楽しむ
  • ランチは食べ過ぎないように、酵素ドリンクを食前に飲むと良い
  • 午前中にトイレで排便することを習慣にする
  • 午前中に空腹だと頭が働かない!と思っても、少し続けて、それに慣れてみる

空腹が辛いのは、普段食べすぎているからかもしれません。管理人こぶたも空腹時の胃の不快感が大嫌いでしたが、一度3日間断食を終えて空腹でいることが当たり前になると、満腹時よりも集中力があって仕事が捗ったり、気分が良くなることに気が付きました。また、空腹時にはアルファ波が出ているらしくリラックスした気持ちになります。これに気がつけると空腹がとても良い時間に思えます。

また昼食にがっついてしまっては、血糖値の急上昇で午後必ず眠くなります。食前に酵素ドリンクを飲むと満足し、食欲が適正になります。また酵素食を良く噛んで食べると少量でも満足感があり、「こんなもので実際には足りるんだな」と思ったりします。これだけでもダイエット効果があるので続けて欲しいです。

なぜ朝だけ断食が良いのか?

普段、朝食はちゃんと食べるという人にとって、お昼までの空腹は結構キツイです。朝食の健康効果を調べる実験で「朝食を抜いた人と、食べた人」を比較して「朝食を食べた人」の方が仕事の効率や頭の回転が上がった!というような結果もあるようですが、普段、朝食を食べていた人が急に朝食を抜くとこのような結果になるそうです。

普段から食べていない人が、集中力、仕事の効率ともに低いわけではありません。

また、朝食を抜いている子供の成績や健康についての言及もありますが、成長過程の子供は「成長するための栄養」が必要なので大人とは違います。子供の研究結果は大人には当てはまりません。

日本人は元々2食だったそうです。海外から洋食とともに「朝食」という文化が入ってきて、日本人の食生活が3食になったそうです。それまでは朝飯前に一仕事を終える習慣があったのです。

また、酵素栄養学という考え方によると、朝の4時から昼の12時までは体は排泄モードに入っています。

酵素栄養学_時間割

寝起きに目やにや鼻水が溜まっていたり、朝一番に濃い色のおしっこが出たりしますが、私たちの体は寝ている間に、前日に摂った栄養を体に吸収しエネルギーとして蓄え、その後の「排泄の時間」に要らない不要物を出す作業をするのです。

その排泄の時間は「排泄」にエネルギーを集中したい時間帯です。なるべく、エネルギーを消耗してしまう「 消化 」という仕事を体にさせない方が、より効果的に排泄ができるよという点で、朝食抜きは理にかなっています。朝食を食べてしまうとこの「排泄の時間」のためのエネルギーが「消化」に使われてしまいます。排泄が滞ると便秘の原因にもなってしまいます。

より排泄をスムーズにするためにも、朝起きてすぐにお水をたっぷり摂ると良いです。よりデトックス効果が高まります。冷たい水より、少し温めた白湯の方が効果的です。

この時にすんなり大便が出ると、胃腸がしっかり自発的に働いている良い状態だそうです。朝食を食べると胃や腸が動き出すため、つられて便意をもよおすことがありますが、朝食を食べないと大便が出ないという人は腸が機能低下を起こしているかもしれません。理想は朝食を食べないでも、この排泄モードの時にちゃんと排泄が起こることです。酵素食にしたり断食をすると、このような良いサイクルに体を戻すことができます。( あくまで管理人こぶたの体感です。)

「空腹に耐えられない!!お腹がグーグー鳴って周りに迷惑…!!」という場合は。

生のフルーツを食べます。( 缶詰はダメ。)

自分を消化するための酵素を持っているフルーツは、消化の負担にならないので排泄モードの時に食べても大丈夫です。しかし、フルーツだけだと物足りなさを感じたり食べたい欲求が出てくるかもしれないので、そんな時はやっぱり酵素ドリンクを飲みます。

体が栄養を貰って満足すれば食べたい欲求は自然と収まります。

もっと効果的な朝だけ断食

甲田光雄さんという断食の第一人者がいました。この人の著書に半日断食の本があります。( 管理人こぶたの人生を変えた本です )この本は大変参考になり、実践するとお腹がぺったんこ、気分もよく、無理なくダイエットできました。

内容は朝だけ断食と同じですが、朝だけ抜くというわけではなく、時間に限らず18時間何も食べないという半日断食です。残りの6時間の内に、1日2食は普通に食事ができます。ルールは簡単で、2食目の時間によって翌日の1食目の時間が決まります。2食目と翌日の1食目の時間を18時間開ければ良いだけです。空腹時間を確実に確保する方法であるため、単純な「朝だけ断食」より効果が出やすいです。

例)夕食を18時に食べたら、次の食事は18時間後の12時頃

自分の生活に合わせて夕飯を決めればOKなので、もし夜ご飯を20時に食べたら、次の食事は14時頃。22時に食べたら次は16時頃となるわけです。会社でのランチが13時からと決まっているのであれば19時には夕食を食べてしまえるよう調節します。

夜遅いご飯を我慢できない人や付き合いで飲み会がある人は、自然と翌日の1食目が遅めになります。自分のライフスタイルや突然の予定変更にも多少は合わせられるので続けやすいです。とにかく1日18時間、断食すれば良いのです。

この18時間断食が実はすごく効果があるんです。特に内臓脂肪。

ポッコリお腹がいつの間にかぺったんこになって、管理人こぶたは友人に「 お腹薄っぺらくなったね-!!」と言われました。その時初めて気が付きましたがあの時は嬉しかったです…。

理想は、夕食を早めに取るようにして、翌日の1食目をお昼頃取れると良いですね。寝る前に空腹になっていないと睡眠時に成長ホルモンが出ないそうです。体の修復や疲れの回復に必要な成長ホルモンの為にも寝る時間までには空腹になりたい、そいうなると夜ご飯の時間が決まってきます。このようにスケジュールを立てられれば健康的なダイエットも自然とできるはずです。

朝だけ断食より18時間断食の方がキツイと感じるかもしれませんが、その分効果も高いです。

まずは18時間断食中にも酵素ドリンクを飲んで、食べない習慣を身につける、という順序で良いかと思います。

朝だけ断食も18時間断食も、1回やって終わりというものではありません。継続することで体がそれに慣れ、ダイエットや健康など結果が出るようになってきます。まずは始められそうなところから挑戦してみださい。

その他の断食も要チェック!!

朝だけ断食に慣れてきたり、もう少し本格的に断食してみたい!という人は、週末だけ断食や1日断食から挑戦してみましょう。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.