酵素サプリメントの片栗粉【分解力】実験

このページでは、各酵素サプリメントに「 消化力があるか 」を調べる実験を行った結果を紹介しています。動画もあるので( 音は出ません )商品選びの参考にしてください!
管理人こぶた

消化力の実験方法

消化力を調べる実験では片栗粉を使い、固まった片栗粉がどれだけ分解されるかをチェックします。固まった片栗粉は食べ物が胃の中で消化不良を起こし、胃もたれしている状態と同じです。

そこへ酵素サプリメントをふりかけ、片栗粉が分解( 液体へと変化 )するかを見ます。サプリメントによって片栗粉が液体化した場合、分解( 消化 )できたとみなされ、胃の中でも消化を助ける作用があると期待できます。

チェックした点

  1. 固まった片栗粉が酵素サプリメントで分解( 液体へ変化 )するか?
  2. 液体へ変化していくスピードや感触は他のサプリメントと比較してどうか?
  3. 実験直後の、液体化しなかった固形の片栗粉の残量はどれくらいか?

実験の準備

用意するもの( 1回分 )

  • 片栗粉・・・20g
  • 片栗粉を溶かす水・・・15cc
  • 熱湯・・・100cc ( 沸騰させたもの )
  • 耐熱のコップ( 透明 )・・・2個
  • かき混ぜるスプーン・・・1本
  • 計量器

自分で実験する人のための注意点

1回の実験で使用する片栗粉は20g。しかし水の分量などの僅かな誤差で片栗粉が固まらなくなります。

片栗粉は余分に用意した方が良いです。( 管理人こぶたは片栗粉2本使いました。まさか追加購入するとは思わなかった・・・。)

また、他の商品との比較をしたい場合は、きっちり分量を図り、統一した方が片栗粉が変化していく時の感触もそれぞれ異なるので、比べやすいです。

実験の手順

実験の準備

実験の方法1実験の方法_2実験の方法_3

  1. 片栗粉を20g( 大さじ山盛り1杯 )を耐熱カップに入れ、15cc( 大さじ1杯 )のお水で軽く溶きます。( 完全に溶けないくらいがベストです。)
  2. 沸かしたての熱湯100ccを注ぎ、素早くスプーンで固まるまでかき混ぜます。
    片栗粉が半透明になり、ぷるんぷるんと固まった状態であれば成功です。※下の動画を参照


※動画で完成した「 片栗粉の固まり 」はちょっとゆるめです。最初に解く水で調整します。

実験開始

酵素サプリメントのカプセルを開け、固まった片栗粉にふりかけ、軽くスプーンで混ぜます。

片栗粉実験の変化_1片栗粉実験の変化_2片栗粉実験の変化_3

酵素サプリメントを振りかけることで、固まった片栗粉が緩くなり、液体になった状態が「 分解できた 」状態です。液体になっていく時の感触や時間、最後に残った固まりの量などをチェックしました。

サプリメントにより、液体になるまでの時間に僅かな差があったり、分解できずに残った固形物の量に差が出ました。詳細はページ下方にある、それぞれの酵素サプリメントの実験結果を見てみてください。

注意

この実験は、人体内で同じような作用を保証するものではありません。

あくまで室内で行うものなので、気温や湿度の他、空気中という条件下で起こる反応( 実験結果 )は、胃の中での結果とは異なります。

酵素は決まったpHでしか働かないという特徴を持っているため、胃の中でどう作用するかまでは管理人こぶたはわかりません。ここばかりは、実際に飲んでみた感想が手がかりです。

実験結果はあくまで室内での結果、ということを念頭に置いておく必要があります。

また、実験ではカプセルの中身、もしくは粒状のものをそのまま片栗粉にかけていますが実際に飲む時はコップ一杯のぬるま湯と飲む上、被包材( カプセル )が溶けるまでの時間などそれら点でも若干、結果や作用が変わってくると思います。

カプセルの影響については、商品の詳細ページでも言及します!

主な酵素サプリメントの実験結果

ウルトラ酵素

分解時の感触満遍なく混ぜるまでは硬さがあったが、少しづつスムーズにスプーンが動くようになった。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで50秒程。
固まりの残量38.5g( 11月の実験 )
ウルトラ酵素の分析

カプセルの中身が片栗粉の固まりに乗っただけでは変化なし。底から混ぜるようにしてようやく分解し始めた。

体感的には、片栗粉が変化するまでに時間が少しかかったと思う。

ウルトラ酵素の詳細はこちら
こぶたの体験談はこちら
ウルトラ酵素の販売サイトを見る

百式酵素

分解時の感触粒状のため、なかなかなじまず時間がかかった。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで3分程。
固まりの残量19.5g( 11月の実験 )
百式酵素の分析

粒状タイプのため、カプセルの中身(粉)と比べると、片栗粉に馴染みにくなかなか変化しかった。動画でも最後まで液体化してないように見えるものの、固形で残った片栗粉の残量は一番少なかった。


百式酵素の詳細はこちら
百式酵素の体験談はこちら
百式酵素の販売サイトはこちら

Kou-so ( ニホンドウ漢方 )

分解時の感触混ざった部分から液体化していくのがよく分かる。他と比べるとスムーズに変化した。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで30秒程。
固まりの残量30.5g( 11月の実験 )
Kou-so_分析

小粒ながら、液体に変化していくタイミングは最も短く、粉が混ざった部分からスムーズに液体化していった。


この酵素の詳細はこちら
こぶたの体験談はこちら
この酵素の販売サイトはこちら

なかきれい酵素

分解時の感触混ざった部分から比較的スムーズに変化した。十分液体化するまでも十分早い。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで25秒程。
固まりの残量32.0g( 11月の実験 )
なかきれい酵素_分析

固形で残った残量が多少はあるものの、他と比べてもスムーズに素早く変化した。


なかきれい酵素の詳細はこちら
こぶたの体験談はこちら
なかきれい酵素の販売サイト

エッセンシャルエンザイムウルトラ

分解時の感触混ざるのに若干手間取ったものの、スムーズに液体化した。十分液体化するまでも最も早い。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで20秒程。
固まりの残量21.0g( 11月の実験 )
エッセンシャルエンザイムウルトラ_分析

液体化する前の、固まりの抵抗感がなくなるまでが最も早かった。スプーンが回るようになった以降も、残った固まりが減っていくのがわかった。


この酵素の詳細はこちら
この酵素の販売サイトはこちら

スーパーダイジェスティブエンザイム

分解時の感触ゆっくり、でも確実に液体化した。混ぜている最中にも少しずつ固形が減っていった。
分解までの時間スムーズにスプーンが回るようになるまで30秒程。
固まりの残量34.5g( 11月の実験 )
スーパーダイジェスティブエンザイム_分析

液体化するまでの時間、感触ともにとても優秀ではあるが、実はこれが一番匂いがある。


この酵素の詳細はこちら
この酵素の販売サイトはこちら

上の方の「 注意 」でも書きましたが、これまでの実験は全て、人体内で同じ作用をすると保証するものではありません。特に、温度やpH、色んな栄養素を含んだ食品の分解となると著しく結果が異なると考えられます。

しかし、サプリメントを比較する際の参考になら、少しはなると思います。現在は11月。撮影は東京の室内ですが気温は低く乾燥もしています。気温湿度が変化した時期にまた同じ実験ができたら、動画で報告します。

おまけ

酵素ドリンクには本当に酵素が含まれないのか?を調べるために、実際に、酵素ドリンクを固まった片栗粉にかける実験もしてみました。興味があればご覧ください。


酵素八十八選優光泉には酵素自体は含まれていないため、片栗粉を使った実験では、確かに分解( 液体になる変化 )はありません。

片栗粉に液体が混ざるので、ゆるくはなりますが、酵素サプリメントの分解で起こるようなサラサラの液体になるという感触とは全く異なります。

しかし、酵素ドリンクは断食時に効果的な栄養補給ができ体内で酵素を作るための材料になるので、断食には絶対必要です。
>>詳細は「 酵素ドリンクを選ぶ 」(準備中)を見てください。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.