加齢で酵素の生産数が減少!?

  • 「 昔は、ちょっと食事を調節したら、すぐ痩せたのに…。」
  • 「 段々、お肉が付くようになってきた…。」

こんなことが気になりだすは、40歳前後くらいでしょうか。

実は酵素の体内での生産量は、40歳で一度大きく落ちる

人の体は成長を終えると、20歳頃をピークにそこから「 老化 」しますが、酵素の生産量もピークは20歳頃。

その後、少しずつ減少していき、40歳と、70歳でぐんと下がるそうです。

酵素の生産量が減ると、 ダイエットの大敵「 酵素不足 」に陥りますが、他にも新陳代謝の低下、新しい細胞を作ったり、修復したりが疎かになってくるなど、病気や老化の原因にもなってしまいます。

人の細胞は成長を終えた直後には60兆個。(今は100兆個とも言われています。)しかし、80歳には約30兆個まで減ってしまうそうです。

年を重ねれば重ねるほど、酵素をより多く食品から摂取し、同時に体内酵素を無駄に消費しない生活を心がけることが大切になってくるんです。

体内の酵素が十分にある若い年齢だと、酵素ドリンクでの断食でも成功しやすいようですが、質の悪い酵素ドリンクでも、そこそこの結果が出るのは、もともと体内に持っている酵素の量が豊富だからです。

しかしこれは、「 若い 」から。

最近代謝が落ちてきたな、と感じていたり20歳を迎えたばかり!というわけでは無いのであれば、質の良い食事をすること、質の良い酵素ドリンクを選ぶことが必須になってきます。

しかし、酵素が不足する原因は、年齢だけでなくほとんどが、その食生活にあるようにも思います。

自分の食生活の何が一番、酵素不足を引き起こしているのかを知って、それだけでも改善できば、少なからず効果を感じることができるはずです。

次の「 あなたが酵素不足の理由 」についてを読んでみて下さい。

>>「 あなたが酵素不足の理由 」を読む。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.