病気のときは食事をしない方が良い理由

投稿日:

断食道場というものがあります。

断食道場では、専門の指導者の下で断食をするわけですが、これは主に病気治療を目的として行うケースが多いです。

最近では、短期間の断食で体内に溜まった毒を排出したり、余分な脂肪を燃焼させたりと、美容、ダイエットなどの目的で比較的自宅でもできる簡単な方法もあります。

そもそも、病気の時に食事をしない方が良いのは消化酵素の消費を抑え、その分の酵素を病気治療に当てるためです。

風邪の時、体調不良の時、食欲がなくなるのは代謝酵素を優先的に使いたい、人の本能で消化に良い物を食べなさいと、医者が言うのも消化酵素を大量に使わないためです。

動物も怪我をした時にはじっと何も食べずに寝ています。飼い猫でもそうしていました。それだけ、消化は酵素と体力を使う行為なのです。

必要以上の食事は体を治癒したり、維持する力を奪います。体調が悪い時は、無理をして食事をせず、せめて、酵素の多いものを食べ、酵素を温存することが大切です。

-酵素のあれこれ雑学&予備知識

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.