【販売終了】ウルトラ酵素neo(旧:ウルトラ酵素)

更新日:

ウルトラ酵素
ウルトラ酵素体感

【販売終了】残念ながら、原材料の高騰などの理由により他ラインナップを含め全ての商品の販売が終了してしまったウルトラ酵素。高額にも関わらず定期購入していましたが、それも2017年11月度の発送で終了しました。

=====================================

ウルトラ酵素販売終了に伴い、当ページの記事は全て【過去記事】となりますが、日本産の最高品質だったと感じているので、次のサプリを探す参考の為、商品情報は掲載のみしてあります。

=====================================

あくまで管理人こぶたの体感ですが、食事と一緒に飲み続けた時と飲んでいない時の違いが体感できるサプリメントでした。もちろん、購入前、商品説明を読んだ段階でも「麹菌の米国特許」や、酵素栄養学の第一人者の人がプロデュースしている商品という点で信頼、安心感があるサプリメントです。中身が薄いサプリメントもある中で、これは上質だと感じています。

期待出来る効果糖質、タンパク質、脂質、全ての栄養素の消化を助ける消化酵素としての効果
成分 穀物発酵エキス(穀物発酵エキス・マルトデキストリン)・海藻カルシウム・ライスマグネシウム・コーンスターチ・酵母(マンガン・亜鉛含有)・パン酵母(亜鉛・マンガン・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン含有)・植物性乳酸菌(殺菌)/HPMC(一部に小麦含む)
価格(ひと月分)定期購入(初回のみ) 税込5,940円
定期2回目以降 税込11,664円
通常購入 税込12,960円

こぶたの体験談はこちら
↑↑※旧商品の体験談です。リニューアル商品は体験後にレビューします。
ウルトラ酵素の販売サイトはこちら(現在Amazonのみ、在庫があるようです。)

ウルトラ酵素定期購入

リニューアルの詳細

元々の主成分「 麹菌由来のエキス 」にミネラルが追加、さらに植物性乳酸菌も追加され、梱包材(カプセル)がゼラチンから植物性カプセルになったそうです。また、粒がより小さくなり、その分、粒数が増えています。(100粒→120粒)

変更点
成分麹菌発酵エキス末・海藻末・ゼラチン(カプセル素材)、ペクチン 穀物発酵エキス(穀物発酵エキス・マルトデキストリン)・海藻カルシウム・ライスマグネシウム・コーンスターチ・酵母(マンガン・亜鉛含有)・パン酵母(亜鉛・マンガン・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン含有)・植物性乳酸菌(殺菌)/HPMC(一部に小麦含む)
内容量 50g 51.6g
粒量 100粒(1粒500mg) 120粒(1粒430mg)
価格 12,960円定期購入(初回のみ) 税込5,940円
定期2回目以降 税込11,664円
通常購入 税込12,960円
1日量 3~5粒(1.5g~2.5g) 4~6粒(1.72g~2.58g)

色が違う

主成分は同じではあるけど、マグネシウムやマンガン、亜鉛、銅等の他成分が増えた為か白くなりました。酵素サプリメントは白~グレー、ベージュと比較的、製品ごとの色をしていますが、同商品でこれほど変化していると、内容成分が大きく変わったという印象です。

ミネラルが凄く増えた

個人的に注目したのは、酵母に含まれる亜鉛や銅。現在人は特に亜鉛を消耗しやすい生活なので、より意識して摂りたい栄養素です。

ところで、最近白髪が気になる・・・という人、いるでしょうか。男性は30歳前後、女性は35歳前後から髪に白髪が現れるようになります。個人差はありますが、初めて白髪を発見した時は凄くショック、という声を最近聞いたところです。
この白髪は老化現象ですが、体に明らかな老化が起こっていない年齢でも白髪は出てくるそうです。その予防となるのが、銅を含む食品。牡蠣やレバー、アボガド、ごまなど他にも色々ありますが、あえて食べないとなかなか取れない人もいるかと思います。管理人こぶたは牡蠣が苦手なのでいつも飲むサプリにミネラルが増えたのは個人的には嬉しいです。

乳酸菌(殺菌)

菌を殺しているの!?とちょっと驚きの表示ですが、「殺菌」とは、イメージ通り、加熱処理などで殺菌したものを添加しているそうです。乳酸菌には生菌・死菌があります。「生きたままで腸まで届く」という乳酸菌飲料があるため、「殺菌しちゃって大丈夫!?」と思ってしまいますが、乳酸菌としての効果はしっかりあるようです。
「酵素飲料に酵素は入っていない・・・」と酵素八十八選の紹介でも書きましたが、酵素と同様殺菌された菌も腸内細菌の餌になったり、整腸作用があるなど乳酸菌としての効果は期待できます。乳酸菌含有の食品の中には、乳酸菌による味や質の変化を抑えるために敢えて殺菌したものを含有しているものもあるそうで、乳酸菌(殺菌)の表記自体、よくあるもののようです。(管理人こぶたは乳酸菌関連のものを敢えて購入したことがなかったのでびっくりしましたが。)

HPMC(食品添加物)

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの略で、これはカプセル剤に使われる食品添加物です。「保健機能食品たるカプセル剤及び錠剤以外の食品に使用してはならない」との使用基準ががあり、美容系サプリメントのカプセルの材料に良く使われているのを見かけます。食べても体に吸収されることはなく、もし大量に摂取したとしても食物繊維のとり過ぎた時の症状のように、お腹がゆるくなる程度だと確認されているようです。旧商品で使われているカプセル剤のゼラチンは主に豚由来なので、これを植物性のHPMCに変更したということですね。

「カプセルが大きく飲み込み難い」という声があり・・・?

今回のリニューアルで、より小さい粒になったとのことですが、他の消化酵素(特に海外製)と比較すると、旧商品のウルトラ酵素のカプセルは十分小さいです。なので飲み難さを感じることはありませんでしたが、もっと小さい粒のKou-so(ニホンドウ)が確かに、ウルトラ酵素より飲み易かったので、「なるほどそういうことか」と納得。

しかし、比べてみてもよくわからない。

新サイズ2_300  新サイズ1_300

ミネラル、乳酸菌の追加で、肝心の発酵エキスは減ったのか?

今までの旧商品で十分な満足度があったので、リニューアル商品がどれだけ満足いくものなのか、検証の必要があります。とくに乳酸菌は、自分のお腹に合う合わないがはっきり分かれる成分です。なので管理人こぶたは、今までも乳酸菌サプリ類に期待はしていませんでした。これがどういう結果となるか、検証後レビューページで報告したいと思います。

ウルトラ酵素の良いところ

商品力がある

商品の「 質の高さ 」や「 こだわり 」については、消費者にはなかなか分からない部分でもあります。( 宣伝に惑わされたり、販売ページには無難なことしか書いてなかったり。)

またサプリメントの中には、原材料が安く抑えられたため粗悪なものや有効な成分が、実はほんの少ししか入っていない、というもののあるそうです。

そんな中で、ウルトラ酵素に関して絶対的な信頼を持てたのは開発者の書籍やブログなどで、酵素について多くを学ぶことができた、そして商品の選び方についてもよく理解できた、という部分が大きいです。こんな人が作っている商品なら大丈夫だろうという信頼です。

実際にひと月レビューした際には「 酵素サプリメントって凄い!」という印象は持てました。

日本では「 消化酵素 」が処方箋なしでは購入できない、という環境の中で、サプリメントとして買える一番良い商品ではないか、と感じてます。

管理人こぶたも継続購入しています

継続して飲んでいると常に腸の働きなど良い状態なので、果たして“ ウルトラ酵素のお陰 ”なのかわからなくなってきますが、『 酵素を意識した食事を自炊する 』ことが、どうしてもできない日もあるので、ウルトラ酵素に頼らざるを得ないのが現状です・・・。

ウルトラ酵素のちょっと残念なところ

ちょっと値段が高い…。

ウルトラ酵素は内容量が120粒で12,600円。
定期購入をすると、初回5,940円、2ヶ月目以降11,664円、半年継続すると平均でひと月10,710円。

1日4粒~とあるので、単純計算でちょうど一月分。1粒97.2~105円。1日(4粒)で約388~420円。

旧商品より一粒が小さくなり食後にもう一粒飲んでも良いということなので、毎食2粒飲んでしまうと1本で20日分、約583~630円。

1日4粒で換算しても、他のサプリメント高額です。1粒でジュース1本分、6粒でお弁当一個分…。心して飲まないといけないですね…。

ウルトラ酵素の飲み方

毎食時の直前にグラス一杯以上の温かいお湯( ぬるま湯 )で飲む

冷たい水で飲むと酵素の活性が落ちてしまうそうです。酵素が元気に働くのは、温かい温度(40度くらい)なので、ウルトラ酵素を飲む時はぬるま湯がベストです。

またこのとき、コップ1杯以上、ぬるま湯をたっぷり飲むこと。水分が少ないと活性が下がるそうなので、食前に必ずぬるま湯コップ一杯と1緒に飲む。これを徹底します。

食べ過ぎた時は、食事の直後にもう一粒

通常の食事であれば一粒。という目安はあるようですが、その「 通常の食事 」の基準を見てみると、少なめの食事量だと感じました。

外食をすると、必然的に基準をオーバーした大量の脂肪、糖分を含んだ食事になってしまいがちです。

なるべく、生で食べられるサラダや、フルーツ、分解がすでに進んでいる発酵食品を食事に積極的にプラスし、サプリメントばかりに頼らないのがベストですが、油物が増えたり、アルコールを飲んだり、酵素を含まない食品の量が増える場合は食後に1粒追加、もしくは食前に2粒飲むのが良いです。

ウルトラ酵素の賢い飲み方① 他サプリと併用

ウルトラ酵素は高いので、定期購入しつつも他サプリも実は買っています。
ウルトラ酵素を飲むか、他サプリを飲むかの判断は正直、適当です・・・。1回の食事で併用しても良いと思います。ウルトラ酵素は空腹時や就寝前に飲むと体内酵素の材料になるなど、酵素食品を食べるような効果があります。体調が良くない時、食べ過ぎでしまった時などは就寝前にも飲みたいです。たっぷり2本、定期購入できれば理想ですが、予算が厳しい場合は他サプリとの併用で賢く運用しましょう。

本当はサプリに頼らない、酵素食を継続することが一番良いのですが・・・。(反省)

管理人こぶたのウルトラ酵素体験談

  • 目覚めがよく、寝起きがスッキリ。
  • 寝付きがよく、眠れない辛さが減った。
  • 旅行中、終始外食にも関わらず、体重の変化があまりない!
  • 夜遅い食事、アルコール三昧にも関わらず、翌日に響くことなし。朝起きたらお腹が元気にグーッと鳴った。
  • 食後、眠たくならなくなった。
  • お腹がよく空くようになった。
  • 余分な物を食べたいと思わなくなった。

>>その他、詳しい管理人こぶたのウルトラ酵素体験談はこちら

つまり、ウルトラ酵素って(まとめ)

ウルトラ酵素は、 加工食品や、加熱された食事を食べた時でも食物酵素と同じ働きをしてくれるそうです。

つまり、体内酵素の節約に繋がるので、消化酵素の節約 = 代謝酵素がたっぷり使える = 余分な脂肪の燃焼、新しい細胞の生産がスムーズということが成り立ちます。

代謝酵素を節約するためには、食事の7割を生食で摂ることがベストだそうですが、それが難しいときや、外食が多い社会人の大きな味方になってくれるサプリメントだと管理人こぶたは高く評価しています!!

こぶたの体験談はこちら(旧商品)

ウルトラ酵素の疑問、質問

管理人こぶたが疑問に思って調べたこと、問い合わせたことをまとめました。

Q:酵素は熱に弱いけど、スープやコーヒーなど熱い飲み物は避けたほうがいい?

A: 食べられる温度であれば大丈夫だそうです。酵素は加熱に弱いと言っても、高い温度に一定時間さらされると壊れることがわかっています。短時間であったり、50度程度ではわずかには壊れるとしても、働きに支障が出るほどではないということです。管理人こぶたは猫舌なので、この辺りは全然心配してませんでした。

Q:毎食、ウルトラ酵素を飲まないとダメ?

A:毎食がベストだけど、フルーツだけを食べる時などは、飲まなくても良いそうです。でもその食事の栄養をしっかり摂りたい!という目的で飲むのは良いそうです。栄養補給にもなります。

Q:空腹時にも飲んでる人がいるみたい。どんな効果がある?

A:ウルトラ酵素は、空腹時に飲むとその成分が胃から吸収されて体の修復力やデトックス力が高まるそうです。麹菌って凄いですね。

Q:他のサプリメントと併用しても大丈夫?

A:吸収阻害系のダイエットサプリメント以外となら大丈夫だそうです。吸収阻害系とは、糖分や脂肪分の吸収を穏やかにしたり、食べたものを「 なかったことにする 」系のサプリメントです。

管理人こぶたは、以前キトサンアフターダイエットという吸収阻害系のサプリメントを愛飲していましたが、酵素を学んでからダイエットに対する意識が逆転して止めました。

  • ダイエット成功のためには、吸収を阻害するよりも、食べた物をちゃんと吸収した方が良い。( 体が満足していると余分な食欲も抑えられる。)
  • カロリーよりも大切なのは、バランス良い栄養素を摂ること。
  • 栄養不足が太る原因や食欲過剰になってしまう。

これらは、最近では常識的になってきました。

また、ビタミン系サプリ、バストアップのためのサプリを食事を一緒に飲んでいますが、問題無さそうです。より、サプリメントの栄養分が吸収されるかも!?( 勝手な予想 )

ウルトラ酵素についての疑問解決は常時更新中です。管理人こぶたは、こんな時どうする?や、わからないことがある!という時はお気軽にメールください!

こぶたの体験談はこちら(旧商品)

-紹介している商品リスト

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.