イマザリル

投稿日:

読み方・表示名いまざりる、防カビ剤(イマザリル)
使用用途防カビ剤
使われている主な食品輸入の柑橘類
使われている主な製品グレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナ
毒性神経行動毒性、肝臓の機能障害や組織損傷

イマザリルは、グレープフルーツやレモンなどの柑橘類を輸入するとき商品が傷まないように、またカビや腐敗の防止のために使われる農薬です。他にも、OPP、OPP-Na、TBZ、ジフェニルがあります。

防かびのため、収穫後に使う農薬をポストハーベストといい、輸入の柑橘類には、ほとんどこれが使われています

日本では、農薬としては登録されていないものですが、イマザリルが使われている輸入の柑橘類の輸入は、国に認められています。

有害性が認められているため、本来は輸入を制限するべきにも関わらず、米国との輸入障壁にならないように、当時の厚生省が認可してしまった、という経緯があります。

輸入障壁とは、何だか難しい問題のようですが、簡単に言うと

自動車など、日本は米国に輸出しているのだから、米国からも何か輸入してバランスを取らないと米国との関係が悪化してしまうという問題のようです。

こういった経緯で認可されているものが実際にあるのだから、「 国が認めて使用されているのだから安全だろう。」なんて呑気に構えていたら、自分の健康さえ守れないという事実を裏付けるようです。

認可されていても危険なものはある。ちゃんと何が危険か、知っておく必要がある。そう管理人こぶたは思っています。

イマザリルの毒性

イマザリルは、神経行動毒性が認められているといいます。

神経行動毒性とはなんだろう?と調べてみて、素人の管理人こぶたにも分かったのは

脳や神経系に影響がでる毒性があり、行動( 抑制 )毒性とは行動を実行する部分に関して影響が起きる毒性がある、ということのようです。

関係ないかもしれないですが、行動抑制って、うつ病の症状でも聞くことがあります。

また、妊娠マウスでは胎児にもその影響が出ていることも分かっているようです。

妊婦さんは特に輸入の柑橘類、避けたほうが良いそうです。

とはいっても、スーパーや八百屋さんに売っているグレープフルーツなどはほとんどがフロリダ産などの輸入物です。

これらには、必ず防カビ剤が使われているという表示がされています。

基本的に「 バラ売り 」で売られているものには食品添加物の表示はしなくても良い、という決まりがあるにも関わらず柑橘類の防カビ剤、防ばい剤については、値段が書いてあるポップなどに必ず記載されています。それだけ危ないものなのではないでしょうか。
※ 防ばい剤も、防カビ剤の事です。

防カビ剤 防カビ剤

写真ではわかりづらいですが、商品名の下に使われている防カビ剤が数種類、書いてあります。

管理人こぶたが見る限り、ひとつの商品にはひとつの防カビ剤だけではく「 TBZ、イマザリル 」のように、2~3種類、併用されているようです。

これを知って怖くて食べられなくなるもの

輸入物のグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナ。

輸入物にはほとんど、ポストハーベストが使用されています。防カビ剤は、果実の皮だけでなく果肉からも検出されているそうです。

つまり、輸入の柑橘類は全て、毒性が認められている農薬が残留していると、考えなくてはいけません。
※ バナナはDoleなどの大手では防カビ剤( ポストハーベスト )は使われていないそうです。

マーマレードなどのジャムや、オレンジピールと名が付くチョコレートのように、皮自身を食べるものは特に、避けるべきですが、残念ながら果肉も食べない方が良さそうです。

国産の柑橘類には防カビ剤は使用されていないので、国産のものを選んで買う必要があります。

国産レモンなどは、比較的一般的なスーパーでも見かけますがグレープフルーツはなかなか見つかりません。

とはいっても、産地によって時期のズレがあるものの、絶対に買えないというわけではないので、グレープフルーツ好きの管理人こぶたは辛抱強く探してみようと思っています。

-この食品は大丈夫!?危険度チェック

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2018 All Rights Reserved.