酵素断食なら、体内の酵素不足を解消できる(お薦めの理由その2)

不要物を溜め込む( 代謝が悪い )原因は、酵素不足にあります。

酵素断食、酵素ドリンク、酵素サプリメント等など、“ 酵素 ” は色んなところで人気ですが、体内で不足するのは、このどれでもない酵素「 代謝酵素 」です。

代謝酵素は体内で作られ、あらゆる生命活動( 代謝 )で必要になる栄養素です。

体内で作られる酵素は体内酵素、あるいは潜在酵素と呼ばれ、さらにその中で、消化で使われる消化酵素、代謝で使われる代謝酵素の2つに分けられます。

■酵素についてはこちらの記事を参考に↓↓

そもそも酵素って何?

酵素はそれぞれ働きが違う

酵素とは

体の「 代謝 」に使われる代謝酵素は今分かっているだけで10000種類くらいの働きがあるそうです。

代謝とは、食べた物のカス( 不要物 )や毒を体外へ出す「 排泄 」の他、

  • 細胞を新しく作る、細胞の傷を修復する
  • 栄養をエネルギーに変える
  • 栄養( 材料 )で体を作る
  • 免疫力を上げ、ホルモンバランスなどを調節する、など

人間だけでなく全ての生き物が、代謝酵素の働きにより生きています。この代謝に使われる酵素が無くなってしまうと、生命活動そのものが行われなくなり死に至るというほど、大切なものです。

しかし、生き物は栄養を外部から取り入れないと、体を維持する材料が不足してしまうため消化を優先に行います。

消化で使われるのも体内酵素。

酵素は1日の生産量が決まっているため、優先的に使われる消化の方に大量の体内酵素が使われてしまうと「 代謝酵素の不足 」が起こってしまいます。

消化に多くの酵素を使ってしまうことで、代謝酵素に酵素が回らなくなるというのが、酵素不足の簡単な “ 仕組み ” になります。

消化酵素の無駄遣いは、主に、

  • 食べ過ぎによる消化酵素の浪費
  • 消化し難いものの消化よる消化酵素の浪費
  • 添加物など消化できないものの消化よる消化酵素の浪費

などで起こります。

つまり、食べ物が入ってこない、消化の作業が必要ない断食中はほとんどの体内酵素が代謝のために使われるので

  • 溜め込んだ老廃物の排泄
    ( 腸内の便秘解消、細胞内の便秘解消 )
  • 滞っていた代謝の改善
    ( 細胞の修復、いらない細胞の廃棄、新しい細胞の生産 )

これらが一気に加速し、代謝が良くなるのです。

断食をすると、代謝酵素が大活躍!

一定期間、消化酵素を節約できる断食は、 代謝酵素を最大限に使える期間です。

デトックス作用が盛んになるのも、お肌の調子が良くなるのも、代謝酵素が存分に働いている成果です。

他にもダイエット効果として、断食中や直後から目に見える効果があります。

  • 余分な脂肪の燃焼
  • 水分代謝があがりむくみの解消
  • 老廃物排泄でお腹がぺったんこ

など。

他にも免疫力アップや、修復力がアップして病気や怪我の治癒などの健康効果も期待できます。

これら「 効果的なリセット 」ができるのが、断食の特筆するべき点だと感じています。

いかに酵素の無駄遣いを減らすか、いかに代謝酵素を温存するかが、美と健康を維持するための鍵です。

世界中でも美容のために定期的な断食をしている人は多くいます。また “ 酵素食 ” も流行っていますね。酵素食は、無駄に消化酵素を浪費しないための食事といえます。

私達、日本人の身近にある酵素食について、簡単に次のページで触れてみたいと思います。

>>「 セレブも “ 酵素 ” に注目 」を読む。

更新日:


  1. なぉ より:

    こぶたさん、初めまして。すごくすごく、分かりやすくて毎回勉強させて頂いてます。
    酵素の大切さがよく分かり、毎日取り入れてるのですが、どうしてもパンが大好きでやめられないので、炭水化物ブロックサプリについて調べたところ、糖の分解を助ける酵素の働きを阻害すると書かれていたのですが、私は現在iHerbのウルトラ酵素サプリも飲んでいます。これは、併用してはいけないのでしょうか‥?自分では分かり兼ねるので、投稿させて頂きました。よろしくお願い致します。

    • なぉ様

      コメント頂きありがとうございます!!
      サイトがなぉ様のお役に立っているとのこと、大変嬉しい限りでございます。
      ありがとうございます。

      ご質問の併用について、分かる限りで恐縮ですが回答させて頂きます。

      毎日、酵素サプリを取り入れているとのこと、なぉ様の目的は
      健康維持でしょうか。もしくはダイエットでしょうか。

      基本的には相反する作用、目的のものなので併用は無意味だと言われています。

      しかしながら(経験上の意見で申し訳ないのですが)
      併用による効果の著しい低下は経験しておりません。

      ただ個人差や食事量、内容などの条件もあるかと思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

      実は、管理人こぶたも併用というか、使い分けをしておりまして。
      参考になるかもしれないので以下に消化酵素サプリと吸収阻害系サプリの併用のバランスについて記載しておきます。

      管理人こぶたは、「太りたくない」「断食後の体重をキープしたい」という目的で
      消化酵素サプリを飲み始めました。

      これにより、溜め込んでしまうという体質をカバーできる効果は体感しましたが、
      1:よく噛む、2:炭水化物を多めに摂るときはサプリを飲みつつ、
      他の食品でも「糖質の分解をサポートする食品」を一緒に摂る、
      3:適量の食事量で抑える。4:食事量に併せて、サプリの数を変える(多めに摂る)
      というようなことを並行しておりました。

      その為、目的は果たせたと思います。つまり、サプリだけに頼らず上記条件を満たす必要はあるということです。

      もし、なぉ様が、食べるパンの量が多いと感じ、酵素サプリで不安をお感じになるなら
      吸収阻害系を取り入れると良いと思います。

      ちなみに私も糖質の吸収を抑える為に食物繊維サプリ(粉)を大量に採っています。(こぶたの場合はパスタが止められません・・・・!)
      ※吸収阻害系サプリではなく、単純な食物繊維です。成分は同じです。

      結果、食後の血糖値上昇が緩やかになったためか、
      食後に眠くなるということがなくなり、太らなくなりました。← かなり効果を感じています。

      その際、消化酵素サプリは飲んでおりません。
      食後、胃がもたれるなど不快感を感じたときに慌てて消化酵素を取り入れますが、
      直後楽になるというような体感はあるため、何かしら働きがあるかと思っております。

      炭水化物を多めに摂ってしまう心配がある時は、阻害系を利用し
      その他では消化酵素を利用しております。

      消化酵素サプリは、空腹時(食事前以外)で飲んでも
      「体内酵素を作る際の栄養になる」と言われているのでその様な取り入れ方もおすすめです。

      ■ 回答のまとめ

      1:一度併用を試してみて、ダイエット効果、体調、便通などを気にしてみる(すぐに結果はわからないので一定期間必要です)
      2:食事の内容によって使い分けをしてみる

      今回はこの様な回答となりましがら、大丈夫でしょうか。
      もしご質問の意図が違うなどありましたらお手数ですが、またご質問ください。

      これからも管理人こぶたと当サイトを何卒宜しくお願い致します!!

      管理人こぶたより

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 酵素のダイエット効果がわかるサイト! , 2019 All Rights Reserved.